弱点を見える化 志望校内順位や合格可能性判定も 上毛新聞模試の成績表サンプル公開

お知らせ

暑さも少し和らいで、秋の深まりを感じる今日この頃。10月18日に実施する第1回上毛新聞模試が近づいてきました。

模試を受けようと思っている中学生の関心事の一つは、成績表の中身ではないでしょうか。

当サイトに、成績表(一部)の見本をアップしましたので、ぜひご覧になってください。

PDFファイルはこちら。

模試成績表サンプル

志望校3校まで選択、4段階で合格可能性を判定

上毛新聞模試では志望校を3校まで選べます。公立・私立は問いません。

例えば、公立3校でもいいし、私立2校・公立1校というように選んでも構いません。

成績表では全体順位はもちろん、同じ高校を志望した人の中での順位や、4段階の合格可能性の判定が出ます。

本年度は10月18日、12月13日、1月24日の計3回実施しますので、複数回受ければ成績の推移がグラフによって見える化されます。

解答用紙画像付き、復習に最適

模試を受けて、一番大事なのは、やりぱなっしにしないこと。

自分の弱点を把握し、間違った問題をできるようにすることです。

成績表には、自身の解答用紙の画像が付いているので復習するのに最適。

加えて正答率を問題ごとに表記します。

正答率が低い問題は難易度が高いということですが、正答率が高くて自身が間違ってしまった場合、要復習の弱点と認識できます。

逆に言えば伸びしろです。自分の解答を振り返り、弱点の克服・強化につなげてください。

 

成績表は上毛新聞模試サイトのトップページ下部にも表示しています。

クリックすると、拡大されますので見てみてください。

 

繰り返しになりますが、模試は受けて終わりではありません。

成績表で示されるデータを存分に活用し、弱点を克服し、志望校合格につなげてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました