後閑駅に無料学習室 あす町とJR東高崎支社 みなかみ (4月19日付上毛新聞)

群馬教育ニュース

みなかみ町とJR東日本高崎支社は20日、上越線後閑駅(無人駅)の事務室をリニューアルし、学習室としてオープンする。

電車やバスの待ち時間の有効活用が目的。

同支社は「新たなにぎわい創出を目指し、愛される駅づくりを進める」としている。

20席を用意、使用料無料

利用時間は、平日が午後3時~8時半、土曜は同1~7時。日曜祝日は閉室する。

使用料は無料で、滞在時間の制限はなし。20席のデスクには、それぞれ仕切り板とライト、電源が付く。

開室中は町が委託したスタッフが1人常駐する。

消毒液や空気清浄機も用意、近日中にWi-Fiも

新型コロナウイルス感染症対策として、非接触型体温計やアルコール消毒液、空気清浄器などを用意した。公衆無線LANサービス「Wi―Fi」も近日中に設ける。

コメント

タイトルとURLをコピーしました