体育祭新設 一体で熱気 太高、文化祭代替 太田(情も新聞6月10日付)

群馬高校ニュース

新型コロナウイルスの影響で中止となった文化祭の代替行事として、太田高(丸橋覚校長)は9日、新たな校内体育祭「第1回煌斌祭(こうひんさい)」を開催した。全校生徒約830人が七つの縦割り団に分かれて、応援合戦や綱引き、全員リレーなどの熱戦を繰り広げた。

同校は30年以上、足利高(栃木県)と隔年で対抗戦を行ってきたが、足利高が足利女子高と統合することから、昨年を最後に幕を閉じた。

さらに開催予定だった文化祭の中止を踏まえて、校内投票をした結果、新たな体育行事を開くことが決まった。

煌斌祭の名称は、同校の校風である文武両道から「文」と「武」を使った「斌」と、学校生活が「煌(きら)めくように」と願って作った造語。

タイトルとURLをコピーしました